展翅(てんし)

教わって、なんとかできるようになりました。 蝶とみると、針で繊細に胸をおさえ 美しく羽をひろげて自分のものにしたい 昆虫少年の気持ちがわからなくもないようになった…。 少年の日の思い出 ヘッセ青春小説集 作者: ヘルマン・ヘッセ,岡田朝雄 出版社/メ…

ホタル(ヘイケ)

飼っていました。 ひょっこり、成虫になって顔を出しているのを見つけると、感動。 夜は、よく光ってくれます。 蛍川 (角川文庫) 作者: 宮本輝 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1980/02/01 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (8件) を見…

観ました

繊細で、深い仕事。 ピアニストと、調律師と、 なににもまして、ピアノという楽器を 創り上げた技術者の歴史を想像しました。 それぞれのスペシャリストが極限まで関係しあって、ヒトのとてつもない能力が発揮できるんだろうなあ… 双子のどちらかの演奏に調…

森のめぐみ

里山でいただいた こんなふうに 絵のような

活版印刷

とてもよい本でした 「人びとの忘れもの」内海隆一郎 ふとしたきっかけで、とある本を検索して図書館で借りる。 なんの気なしに読んでいたのだけど、 あ、活版印刷だ、と気づく。 裏のページの文字が透けてかすかに盛り上がっていて、 追う文字は、へこんで…

LFJに行ってきました ラ・フォル・ジュルネ。GW中の丸の内で音楽の祭典。 今年は、アーティストの人たちがデコレーションしたピアノが街角にあちこち置いてあって、「ご自由にお弾きください」と。しかも、ハッシュタグ付きで投稿したら丸ビルで使える「50…

はー、読み終わった。『幽霊少年シャン』、先日聴きに行った、小澤俊夫さんお話の会にて購入。主人公の男の子が、戦時中の男の子と夢で入れ替わったり、幽霊と話をしたり、フィクションの要素が強いけれど、史実に基づいていて自然に当時を追体験できる。今…

新年あけまして

FBにはいろいろアップしているので、こちらにはあまり来なくなってしまいましたが、最近の一枚 藍の乾燥葉染めを家でやりました。何度やっても空気中で色変わりするのが楽しい!

雨もようの日々。 電車通学の高校息子、最寄り駅まで「送って!」という日が続き、 まったくーと思いながら車を出す。 がんばってカッパを着て自転車こいでいる子もいるのに、軟弱な、といいながら 結局あまいのは親のほうか、と反省しつつ。 さらに夫まで、…

ふらっとお店に入ったら、もう10月はじまりの手帳が売られてた。ここ何年か、4月はじまりよりも、10月はじまりの手帳がほしくなる。年の半ばで、気持ちを切り替えたくなるからかな。さっそく手帳を買いましたが、買ってから気がついた。今使っている去年の10…

2017-06-11

人生初(私も子どもも)、「潮干狩り」に行ってきました@船橋三番瀬。 もちろん、アサリをとるのも楽しかったのですが、仕事柄(?)いろいろな生き物や環境に興味をひかれました。 遠浅の砂浜に描かれた、奇妙な模様いくつか。(写真) 1、砂でできたモン…

2017-06-01

6月になりました。 動物・植物いろいろ。 今日、とりたてのハーブ「フェンネル」をおすそわけいただきました。 どうやって使ったらよいのかからず、ネットで調べてもらったのが、パスタ料理。細かく刻んでオリーブオイル・ニンニク・チーズと一緒にいためて…

2017-05-22

5月も半ば過ぎ。 浜松町からは新幹線が通り過ぎるのが見えて、N700のぞみは広島まで行くようだ。 田町ではゆりかもめがレインボーブリッジに向かって曲がっていくのが見える。 乗ってしまいたい。さっと乗り換えて、行き先が変えられたらどんなにすーっとし…

2017-05-13

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 参戦! 長年行きたかった~行けてよかった!with高1息子 来年も参加したいなあ~。 フェイスブック公式サイト https://www.facebook.com/lafollejourneeaujapon/

2017-05-03

筑波登山。「御幸ケ原コース」より 何だろう~と思った花 http://www.tbg.kahaku.go.jp/recommend/illustrated/result.php?pn=4&p=1&name=ミミガタテンナンショウ&mode=easy&order=staff これだったのね。

2017-04-26

図書館の神様 (ちくま文庫) 作者: 瀬尾まいこ 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/07/08 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 32回 この商品を含むブログ (76件) を見る 舟を編む (光文社文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/…

2017-04-17

ひと月前と、全然空気が違う。一ヶ月に一度の研修、同じところへ出かけるので、タイムスリップ。 3月半ば~4月半ばって全く違ってしまうー 寒い→あたたかい 野草が生え、木は芽吹く。電車の顔ぶれも一新(たぶん) 中学、高校は、三分の一が入れかわってる…

2017-04-12

永い言い訳 (文春文庫) 作者: 西川美和 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/08/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (12件) を見る 泣き笑い、おもしろかった 小説 映画 も あるんだ、見てみたい。

2017-03-23

あちこちドライブしていると、 ハクモクレンの花のふくらみが目につくようになりました。 春ですね。 小学校では、キャベツの苗をプランターに植え替えました。(写真1) 本来ならば、秋に畑に植えて、冬越しさせるのがよいのですが、 残っていた苗は今頃に…

2017-03-13

もうすぐホワイトデー 土曜日(おととい)、ピンポーン、と息子(小3)の同じクラスの男の子がやってきて、「○○ちゃんと、△△ちゃんの家どこー?」と。まだ転校してきて間もないので、わからないらしい。何かというと、バレンタインのお返しをしに行くんだそうだ…

2017-03-09

ひとつひとつのことが終わっていく。惜しむごとに春めいてくる。 2月から3月、3月から4月、見渡せばがらりと変わった風景の中にいるのかな。 ずーっとこのままでいたくても、いたくなくても、時間は流れている。 だけどたちどまって、じっとしていたい気…

2017-02-20

9:00に掲示、のところを30分も前に到着してしまった^^;ら、 まだ人はまばら。 でもどんどん増えていき、私(親)は後ろのほうに下がって待っていた。 そのうち誘導の係の先生?が「奥のほうに詰めてください~」と何度かアナウンスをするほど 掲示…

2017-02-16

まだ寒いから、冬のコートを着ているけど昼の日差しにおだやかな春を感じる。マフラーをはずして、襟元を見せたくなる。 今日は月いちの五反田の日。4月からお別れの人もいて、やっぱりそれも春なんだ。 昨日はすごく短い間隔で、お正月以来の美容院に行っ…

2017-02-14

丸一日で、お弁当持って 5教科×50分 学力テスト、さっそく今朝新聞に載っている。 あらためて小さな字がぎっしり並んでいるのをさっと見て、妹(6年) 「これを3年後にやるなんて信じられない」。 お母さんもそう思う(笑)。 2年前、息子がまだ中1だ…

2017-02-13

あと少し、もう少し (新潮文庫) 作者: 瀬尾まいこ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/03/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 1988年の高校受験@群馬、公立前期後期とあって 前期は推薦で何割か?の子が決まってしまった。 私はその推…

2017-02-11

兄テスト前々日、妹(小6)発熱。ど、どうなる…。 直前に兄弟が、<持ってくる>こと多いんですよ…(笑)の塾の先生の(笑)話が笑い話じゃなくなった…(冷や汗)。 ところで、今さらながらお弁当の話。 私ががんばりきれず、息子も「買ったのがいい」とか言うの…

2017-02-08

県立船橋、3倍超。 千葉高より高い(@@;) 東葛飾は2倍半ば。 県千葉も東葛も中高一貫クラスがあるので船高に流れるのか、 学区としては隣まで受けられるので、 柏で東葛より船橋と思う子は船橋。船橋の子で千葉と思う子は千葉。 でも千葉の子で千葉は…

2017-02-07

私立、 渋谷幕張はサクラチル。 模試からすると、五分五分かな、と。 受かれば自信になるでしょう、と言われていたけど、 今になれば 気を引き締めることができてよかった、と。 モノは言いよう、その通り。 芝柏はGS(グローバルサイエンス)入学特待、 …

2017-02-06

年度末まであと少し。いろいろな行事が目白押し・・・。 小学校の卒業式、数年前から女の子は「はかま」を着る子が増えてきている。 3年前に息子が卒業したときは、女の子数人、袴姿で髪を結って、かわいらしかったな。 そして今年は何人の子が着るのか娘(…

2017-02-05

柏洋スイマーズの2階から、プール練習観覧中。 25メートルプールを、何事もなくすいーっと泳げてしまう子どもたちを見てると、私のあの、小学生時代の25メートルのゴールがとてつもなく遠く感じた、あの時はいったい何だったのだろうと思ってしまう。 小学3…